マイクロソフト Surface 3 128GB MSSAA2 SIMフリー 仕様と周辺機器


マイクロソフトのかなり高性能な10インチのWindowsタブレットです。

Intel AtomのクワッドコアCPUを搭載し、メモリは4GBあります。
そこそこ高性能です。

USB3.0, Bluetoothに対応しています。
HDMIに対応していませんが、Mini DisplayPort経由で対応可能です。

内蔵無線LANは最新の802.11acを含めてすべての規格に対応しています。

Microsoft Officeがついてきます。

Surface 3(サーフェス) Windows8.1/Atom x7/128GB SIMフリー 4G LTE対応 MSSAA2 10.8inch
↑外観、値段等はこちらから

■ OS
初期搭載OS  Windows 8.1 Update 64bit 

Windowsの最新のOSです。
ほぼすべてのアプリ・周辺機器が対応しており、問題がないOSです。

■ プロセッサ・メモリ
プロセッサ  Intel Atom x7-Z8700 (Cherry Trail) 
周波数  1.6~2.4GHz 
コア数  4 
スレッド数  4 
メモリ  4GB (増設不可) 

Intelのタブレット用CPU AtomシリーズのクワッドコアCPUです。
メモリもこれだけあれば十分です。
十分満足のいくサクサクヌルヌル感を得ることができます。

■ ストレージ・カードスロット
ストレージ容量  128GB 
カードスロット  microSD カード スロット 

128GBあれば問題ないと思います。
そしてこの機種にはmicroSDカードスロットがあるので容量はあまり気にせずに使用できます。

microSDカードは低価格化がかなり進んでいます。
32GBのものが2000円以下で入手できます。
【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) TS32GUSDHC10E (FFP)

また、この商品は通常のSDカードとしても使用できます。

■ USBインターフェース
USB  USB 3.0 

USB3.0が1個あります。

USBには古い2.0と新しい3.0が存在します。

2.0と3.0の違いは、ずばり速度です。
3.0は2.0のより10倍早いです。

数百MBのファイルの転送が数秒で終わります。
実際に体感してみると、これは早いです。

USB3.0は最近発売されるPCには大体搭載されており、対応周辺機器も数多く存在します。
一方2.0は一昔前の、いわゆる普通のUSBです。
現在でも結構な数の対応デバイスが出回っています。

この機種はUSB3.0に対応したUSBポートがあります。
せっかくUSB3.0対応なので、USBフラッシュメモリやUSB外付けHDDを使用する場合、USB3.0対応のもののほうがいいです。

【Amazon.co.jp限定】Transcend SuperSpeed USB 3.0&Hi-Speed USB 2.0 USBメモリ 700シリーズ 32GB (無期限保証) TS32GJF700E (FFP)
↑こんなのや、
HD-LB2.0TU3/N【税込】 バッファロー USB3.0接続 外付ハードディスク 2.0TB【簡易パッケージモデル】 WEB限定商品の為、パッケージは簡素化 [HDLB20TU3N]【返品種別A】【送料無料】【RCP】
↑こんなのです。

USB2.0のみに対応した機器をUSB3.0のポートに接続しても、ちゃんと動くはずですので心配ありません。
ちなみに、USB端子をのぞいてみて中に青いプラスチックが入っているポートが3.0のポートです。

USB3.0対応のハブも最近出てくるようになりました。
Anker USB 3.0 ハブ 7ポート (電源アダプター・USB 3.0 ケーブル付)


USB経由で、DVDなどの光学ドライブも使用できます。
DVDだけを使用するのであればこちらです。けっこう安いです。
BUFFALO USB2.0用 ポータブルDVDドライブ 書き込みソフト付属 Wケーブル収納タイプ ブラック DVSM-PC58U2V/N

ブルーレイも使用する場合はこちらとなります。
BUFFALO BDXL対応 USB2.0用ポータブルBlu-rayドライブ 書き込みソフト付属 Wケーブル収納タイプ ブラック BRXL-PC6VU2/N

ほかにも、USB経由でいろいろと対応できます。
有線LAN(ギガビットイーサ)へのアダプタです。
Logitec 有線LANアダプタ ギガビット対応 USB3.0 LAN-GTJU3

有線LANとUSBハブが一緒になったものもあります。
Logitec 有線LANアダプタ USB3.0 USB HUB付 LAN-GTJU3H3

地デジのチューナーもあります。
BUFFALO USB用地デジチューナー シンプルモデル DT-H11/U2

■ 無線LAN
2.4GHz帯  ○ 
5GHz帯  ○ 
802.11ac  ○ 
対応規格 802.11 a/b/g/n/ac 

この機種の無線LANは、802.11a/b/g/n/acの2.4GHz帯、5GHz帯の両方に対応しています。

無線LANには大きく分けて、2.4GHz帯と5GHz帯があります。

現在広く流通しているのは2.4GHz帯の無線LANです。
ただ2.4GHz帯の無線LANは物理的に使用できるチャンネルの数が少なく、「チャンネルが重なったが・・・」とか「空きチャンネルがない・・・」という問題が起きているのも2.4GHz帯です。
そこで、最近は物理的に使用できるチャンネルの数が多い5GHz帯の無線LANを使用する機会が徐々に増えてきています。

この機種は5GHz帯の無線LANに対応しています。
そのため、「無線LAN」と呼ばれるものはすべて使用できます。

そして、この機種はなんと802.11acに対応しています。

802.11acとは5GHz帯を使用した一番新しい無線LAN規格です。
最近まで最新だった「802.11n」よりもかなり速い速度を実現できます。
有線LANに劣らない速度を無線LANで実現することができます。

802.11acとして使用するためには、802.11acに対応したの無線LANルーターが必要になります。
こんな機種が使用できます。
BUFFALO 11ac/n/a/g/b 866プラス300Mbps 無線LAN親機 WHR-1166DHP

■ 公衆回線(SIM対応)
公衆回線(SIM対応)  あり 
キャリア  フリー 
対応通信種別  UMTS/?HSPA/?HSPA+: 850, 900, 1900, 2100 MHz 
 4G LTE: 800, 900, 1800, 2100, 2600MHz 
SIMタイプ  nano-SIM 

この機種は公衆回線対応です。
いわゆる「格安SIM」を使用することができます。

この機種のSIMタイプはnanoSIMです。
格安SIMを購入する際は気をつけましょう。

このようなものが使用できます。
OCN モバイル ONE ナノSIM 月額900円(税抜)~
びっくりするくらい安いです。

■ Bluetooth
Bluetooth対応  ○ 
対応規格  4.0 

この機種はBluetoothに対応しています。
Bluetoothは下位互換の規格なので、Bluetooth対応デバイスはとりあえず何でも使用することができます。

Bluetoothマウスはこんな感じです。
iBUFFALO Bluetooth3.0対応 BlueLEDマウス NFC tag搭載モデル ブラック BSMBB10NBK
けっこう安いです。

キーボードは付属品としてついてきます。




■ HDMI
HDMI出力ポート  なし 

HDMIは映像と音声の両方を高画質で出力するためのポートです。
液晶テレビなどによくついているポートです。

タブレット側にHDMI出力ポートがあれば、タブレットの画面を大きな液晶テレビなどに映すことが可能です。
かなり綺麗に出力されます。映画なども問題なく見ることが出来ます。

残念ながら、この機種にはHDMI出力ポートはありません。
ただし、USB経由で対応可能です。
BUFFALO HDMIポート搭載 USB2.0用 ディスプレイ増設アダプター GX-HDMI/U2

別途HDMIケーブルが必要になりますが、そんなに高いものではないです。
量販店で買うと2000円くらいしてしまいますが、ネットでは700円以下で買えます。
Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル 2.0m (タイプAオス – タイプAオス、イーサネット、3D、オーディオリターン、PS3、Xbox360対応)

この機種にはMini DisplayPortがあるので、アダプタを使えばかなり安いです。
MacLab. Thunderbolt ( Mini DisplayPort ) – HDMI 変換 ケーブル 1.8 m 1080p – ビデオ、オーディオ、マルチディスプレイ、ミラーリングモード対応【相性保証付き】

■ Webカメラ
前面カメラ  350万画素 
背面カメラ  800万画素 

前面カメラには自分が写ります。
Skypeなどのビデオチャットなどに使います。
ビデオチャット目的であれば、これだけの性能があれば十分です。

背面カメラは写真、ビデオの撮影などに使います。
これだけの性能があれば、十分に満足のいく画質で撮影することができます。
まったく問題ありません。

カメラをメインとした使い方もできる機種です。

■ 統合ソフト
統合ソフト  Microsoft Office Premium Home & Business プラス 365 サービス 

Microsoft純正のOfficeです。
Home and Businessエディションではワード、エクセル、パワーポイントが使用できます。
別途購入すると3万円弱はしますので、かなりお得です。

Premiumは新しい商品体系です。
このデバイスを使用している限り、常に最新のOfficeを使用することができます。

従来ですとメジャーアップデート(Office 2010から2013など)の際は、パッケージを新しく購入しなおす必要がありました。
今後はこれ1本を持っておけば、デバイスを捨てるまで常に最新のOfficeを使い続けられます。

Microsoft Officeの互換性ソフトもけっこう出回っています。
有料のもの、無料のものを含めていろいろな種類ありますが、私はこちらのものが結構つかえるように思います。
KINGSOFT Office 2013 Standard フォント同梱パッケージ CD-ROM版

しかし、やっぱり互換性ソフトではMicrosoft Officeと違うところが少なからずあります。
とくにパワーポイントは、レイアウトが思いっきりずれてしまうことが頻発します。

やっぱりMicrosoft純正のOfficeは最高です。

ちなみに、上記の互換ソフト「Kingsoft office」の日本語版は有料ですが、英語版はなんと無料で使用できます。
Kingsoft Office Suite: Free Office 2013

■ ディスプレイ・重量
サイズ  10.8インチ 
タッチパネル  マルチタッチ対応 
対応液晶保護シート・ケース例 【目に優しい反射防止(ノングレア) 液晶保護フィルムと衝撃吸収タブレットPCケースのセット】マイクロソフト Surface 3 128GB MSSAA2 SIMフリー[10.8インチ(1920x1280)]機種で使えるキズ防止、防塵、プロテクトセット(クリーニングクロス&ヘラ付)
重量  タブレット: 641g 

軽いとは言えない重量です。
しかし頑張れば電車の中で片手で持つことも可能です。

キーボードドック装着時は、モバイルノートPCとして考えればかなり軽い重量といえます。
このままかばんに入れて持ち歩くことが可能です。

液晶には傷がつきやすいです。
保護シートと保護ケースを使用することをお勧めします。

液晶をきれいにフキフキする専用シートも買っておきましょう。
東レインターナショナル タブレットトレシー グレー TBTI2520-G101

■ バッテリー
バッテリー容量  - 
バッテリー駆動時間  12時間 

かなり十分なバッテリー駆動時間です。

もしものためにモバイルバッテリーを使用するといいですね。
最近のモバイルバッテリーは、3000円ちょいで10000mAhを大きく上回る大容量低価格化が進んでいます。
【Amazon.co.jp限定】Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー 【ハイパワー5V/2A電源アダプタ付属】 iPhone6/6plus/5s/5c/5/iPod/iPad/iPad Air, Air2/iPad mini, mini2, mini3/Xperia/GALAXY/3DS/PSVita/ウォークマン等対応 大容量かつコンパクト(147x62x22mm) 2ポート 急速充電可能 Astro M3+adapter

こんなかわいいモバイルバッテリーもあります。
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー

■ その他 – イヤホン・ヘッドホン

イヤホンやヘッドホンは、通販でかなり安く手配できます。
純正のものを使うより、別手配したほうがかなりよいです。

イヤホンはこんな感じです。
Panasonic ステレオインサイドホン 密閉型 ホワイト RP-HJE150-W

ヘッドホンはこんな感じです。安いです。
JVC 密閉型ヘッドホン HP-RX700

この機種はBluetoothに対応しているので、こんなBluetoothワイヤレスヘッドセットも使用できます。
【日本正規代理店品】 Jabra EASYVOICE A2DP Bluetooth ヘッドセット EASYVOICE
線がないのはすばらしいです。
一度使うとクセになりますね。

■ その他 – スピーカー

外付けの普通のスピーカーを使用すると、本体スピーカーとは比べ物にならないいい音が出ます。
ただ、タブレットとスピーカーを線でつなぐのは邪魔です。

この機種はBluetoothに対応しているので、こんな機器が存在します。
プリンストンテクノロジー Bluetoothミュージックレシーバー PTM-BTR1

この機器とスピーカーをつなげてどこかにおいておけば、タブレットからこの機器までBluetoothで音声を飛ばし、この機器につながったスピーカーから音を出すことができます。
スピーカーの線をワイヤレス化することができます。

スピーカー本体も、通販であればかなり安くいいものが手に入ります。
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
↑こちら、うちでも使っていますが素晴らしいです

あと2000円出すと、重低音もついてきます。
LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313

■ その他 – モバイルルーター

この機種には余り関係ありませんが、モバイルルーターというものがあります。

モバイルルーターとは、ドコモ、auなどの携帯電話回線と、WiFi機器を接続するためのものです。
このモバイルルーターがあれば、ノートPC、wifi専用タブレットなどを屋外でもインターネットに接続できます。
最近の携帯電話回線網はLTEにほぼ対応しており、かなり早いです。
電車の中でも問題なく使えます。

モバイルルーターを使用するには、携帯電話のように回線契約が必要です。
こちらのモバイルルーターは、安くて早くて安定していると評判です。


■ その他 – ウイルス対策ソフト

Windows PCにはウイルス対策ソフトは絶対に必要です。
ウイルス対策ソフトが無いとすぐにウイルスに感染してしまい、自分に被害が出るほか、他人に被害をかけてしまう可能性もあります。
最悪の場合、訴訟問題に発展してしまいます。
ウイルス対策ソフトをインストールすることを強くオススメします。

ウイルスは日々進化しており、ウイルス対策ソフト側はかなり大掛かりな研究ラボが必要になります。
そのため、あまり安いウイルス対策ソフトを私はあまり信用していません。
以下のようなウイルス対策ソフトは自信を持ってお勧めできます。

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド 3年版 ダウンロード版 Windows版 (最新・3台版)

ESET ファミリー セキュリティ 2014 3年版

【送料無料】カスペルスキー〔Androidアプリ・Win版・Mac版〕 カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ (3年・プライベート版)

■ その他 – プリンター

プリンターがあるとかなり便利です。

チケットを印刷するときなど、どうしてもプリンターによる紙出力が必要な場面などはあります。
プリンターの価格もかなり下がってきています。

最近のプリンターは多くの機種がネットワークに対応しています。
Windowsタブレットを使用する場合は、無線LANに対応した機種を使用すると便利です。

無線LAN対応プリンターリスト

無線LANには対応していませんが、ネットワークに対応していないプリンターはびっくりする価格で購入することができます。

ネットワーク非対応プリンターリスト

■ 最後に

マイクロソフトのかなり高性能な10インチのWindowsタブレットです。

Intel AtomのクワッドコアCPUを搭載し、メモリは4GBあります。
そこそこ高性能です。

USB3.0, Bluetoothに対応しています。
HDMIに対応していませんが、Mini DisplayPort経由で対応可能です。

内蔵無線LANは最新の802.11acを含めてすべての規格に対応しています。

Microsoft Officeがついてきます。

おススメです!

Surface 3(サーフェス) Windows8.1/Atom x7/128GB SIMフリー 4G LTE対応 MSSAA2 10.8inch

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする