SKNET SK-3GTAB7 SIMフリー 仕様と周辺機器

■ コメント

SKNETのSIM対応の7インチAndroidタブレットです。
SIM対応機種としては破格の安さです。

4コアCPUとメモリ1GBを搭載しています。
そこそこの性能です。

microUSB, miniHDMI, Bluetoothに対応しています。

エスケイネット 7インチSIMフリータブレット SK-3GTAB7
↑外観、値段等はこちらから

■ OS
初期搭載OS  Android 4.2.2 

最新に近いOSです。
ほとんどアプリも対応しており、問題ありません。

■ プロセッサ・メモリ
プロセッサ  MTK8382 
周波数  1.3GHz 
コア数  4 
スレッド数  - 
メモリ  1GB 

4コアCPUで1GBのメモリを搭載しています。
かなりの高性能です。

7インチ機種であれば、メモリは1GB程度だと思います。
満足の出来るサクサクヌルヌル感を実現します。

■ ストレージ・カードスロット
ストレージ容量  8GB 
カードスロット  MicroSDカードスロット(最大32GBまで) 

8GBという容量はちょっと少なめです。
しかしこの機種にはmicroSDカードスロットがあるので容量はあまり気にせずに使用できます。

microSDカードは低価格化がかなり進んでいます。
32GBのものが2000円以下で入手できます。
【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 (無期限保証) TS32GUSDHC10E (FFP)

また、この商品は通常のSDカードとしても使用できます。

■ USBインターフェース
USB  microUSB 2.0 

USBポートがあります。

■ 無線LAN
2.4GHz帯  ○ 
5GHz帯  × 
802.11 ac  × 
対応規格  802.11 b/g/n 

この機種の無線LANは、802.11bgnの2.4GHz帯のみ対応で、5GHz帯は非対応です。

無線LANには大きく分けて、2.4GHz帯と5GHz帯があります。

現在広く流通しているのは2.4GHz帯の無線LANです。
ただ2.4GHz帯の無線LANは物理的に使用できるチャンネルの数が少なく、「チャンネルが重なったが・・・」とか「空きチャンネルがない・・・」という問題が起きているのも2.4GHz帯です。
そこで、最近は物理的に使用できるチャンネルの数が多い5GHz帯の無線LANを使用する機会が徐々に増えてきています。

この機種は、この5GHz帯の無線LANに対応していません。
ただ、一般的に使われているアクセスポイントはほとんどが2.4GHz帯のものなので、普通に使う分には問題ないはずです。

■ 公衆回線(SIM対応)
公衆回線(SIM対応)  あり 
キャリア  フリー 
対応通信種別  WCDMA 2100/1900/900/850MHz 
SIMタイプ  SIMカードスロット(standard, micro, dual スロット) 
テザリング  ○ 

この機種は公衆回線対応です。
いわゆる「格安SIM」を使用することができます。

この機種には、マイクロSIMと普通のSIMの両方をつけることができます。

このようなものが使用できます。
NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670
びっくりするくらい安いです。

■ Bluetooth
Bluetooth対応  ○ 
対応規格  2.1 

この機種はBluetoothに対応しています。
Bluetoothは下位互換の規格なので、Bluetooth対応デバイスはとりあえず何でも使用することができます。

Bluetoothマウスはこんな感じです。
iBUFFALO Bluetooth3.0対応 BlueLEDマウス NFC tag搭載モデル ブラック BSMBB10NBK
けっこう安いです。

Bluetoothキーボードはこんな感じです。
Anker ウルトラスリム・ミニ Bluetooth 3.0 ワイヤレスキーボード ブラック (iPad Mini / iPad / Nexus 7 / Galaxy Tab / その他のタブレットで使用可能)【18ヶ月保証】



■ HDMI
HDMI出力ポート  Mini HDMI 

HDMIは映像と音声の両方を高画質で出力するためのポートです。
液晶テレビなどによくついているポートです。

この機種はHDMI出力ポートがあります。
タブレットの画面を大きな液晶テレビなどに映すことが可能です。
かなり綺麗に出力されます。映画なども問題なく見ることが出来ます。

別途HDMIケーブルが必要になります。
この機種で必要となるケーブルは、通常のHDMIケーブルではなく、miniHDMI(Cタイプ)に対応したものです。
量販店で買うと2000円くらいしてしまいますが、ネットでは700円以下で買えます。
Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル 2.0m (タイプAオス- ミニタイプCオス、イーサネット、3D、オーディオリターン対応)

■ Webカメラ
前面カメラ  30万画素 
背面カメラ  500万画素 

前面カメラは、ビデオチャットなどをするにはやや不十分といわざるを得ない性能です。
30万画素では、ちょっと厳しいですね。

背面カメラは写真、ビデオの撮影などに使います。
しかしこの機種には、背面カメラはありません。

■ ディスプレイ・重量
サイズ  7インチ 
タッチパネル  ○ 
対応液晶保護シート・ケース例 【ブルーライトカット・指紋防止機能付き液晶保護フィルムとスタンド機能付きタブレットケースのセット】SKNET SK-3GTAB7 [7インチ(1280x800)]機種で使えるキズ防止、防塵、プロテクトセット(クリーニングクロス&ヘラ付)
(amazon)
重量  300g 

7インチとしてはそこそこ軽いです。
電車の中で片手で問題なく使用できます。

タブレットなので保護シートと保護ケースを使用することをお勧めします。

液晶をきれいにフキフキする専用シートも買っておきましょう。
ELECOM ウェットティッシュ 液晶用 110枚入 大型 メッシュ WC-DP110LN3

■ バッテリー
バッテリー容量  2900mAh 
バッテリー駆動時間  - 

かなり長いです。
往復の通勤電車の中で問題なく使用できます。

もしものためにモバイルバッテリーを使用するといいですね。
最近のモバイルバッテリーは、3000円ちょいで10000mAhを超える大容量低価格化が進んでいます。
マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

ちょっと高いですが、こんなかわいいモバイルバッテリーもあります。
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー

■ その他 – イヤホン・ヘッドホン

イヤホンやヘッドホンは、通販でかなり安く手配できます。
純正のものを使うより、別手配したほうがかなりよいです。

イヤホンはこんな感じです。
Panasonic ステレオインサイドホン 密閉型 ホワイト RP-HJE150-W

ヘッドホンはこんな感じです。安いです。
JVC 密閉型ヘッドホン HP-RX700

■ その他 – スピーカー

外付けの普通のスピーカーを使用すると、本体スピーカーとは比べ物にならないいい音が出ます。
ただ、タブレットとスピーカーを線でつなぐのは邪魔です。

この機種はBluetoothに対応しているので、こんな機器が存在します。
プリンストンテクノロジー Bluetoothミュージックレシーバー PTM-BTR1

この機器とスピーカーをつなげてどこかにおいておけば、タブレットからこの機器までBluetoothで音声を飛ばし、この機器につながったスピーカーから音を出すことができます。
スピーカーの線をワイヤレス化することができます。

スピーカー本体も、通販であればかなり安くいいものが手に入ります。
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
↑こちら、うちでも使っていますが素晴らしいです

あと2000円出すと、重低音もついてきます。
LOGICOOL スピーカーシステム 2.1ch PCスピーカー Z313

■ その他 – モバイルルーター

この機種には余り関係ありませんが、モバイルルーターというものがあります。

モバイルルーターとは、ドコモ、auなどの携帯電話回線と、WiFi機器を接続するためのものです。
このモバイルルーターがあれば、ノートPC、wifi専用タブレットなどを屋外でもインターネットに接続できます。
最近の携帯電話回線網はLTEにほぼ対応しており、かなり早いです。
電車の中でも問題なく使えます。

モバイルルーターを使用するには、携帯電話のように回線契約が必要です。
こちらのモバイルルーターは、安くて早くて安定していると評判です。


■ その他 – プリンター

プリンターがあるとかなり便利です。

チケットを印刷するときなど、どうしてもプリンターによる紙出力が必要な場面などはあります。
プリンターの価格もかなり下がってきています。

最近のプリンターは多くの機種がネットワークに対応しています。
スマートフォン・タブレットから直接印刷ができる機種がかなりあります。
スマートフォンやタブレットを使用する場合は、以下のような機種を使用しましょう。

スマホ・タブレット対応プリンターリスト

スマホ・タブレット対応プリンターを使用してスマホ・タブレットから直接を行うには、無線LANルーターを使用し、スマホ・タブレットとプリンターの両方を家庭内ネットワークに接続する必要があります。

スマホ・タブレットには対応していませんが、ネットワークに対応していないプリンターはびっくりする価格で購入することができます。

ネットワーク非対応プリンターリスト

■ その他 – アンチウイルスソフト

Androidにもアンチウイルスソフトがあります。
Windowsにはアンチウイルスソフトは絶対に必要ですが、Androidであhウイルスは現時点ではあまり問題になっていません。
しかし、不安な方はアンチウイルスソフトを使用するといいでしょう。安全なことは確かです。

ウイルスは日々進化しており、ウイルス対策ソフト側はかなり大掛かりな研究ラボが必要になります。
そのため、あまり安いウイルス対策ソフトを私はあまり信用していません。
以下のようなウイルス対策ソフトは自信を持ってお勧めできます。

【Amazon.co.jp限定】カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ 1年1台版 ダウンロード版(最新版)

このような製品では、PCとタブレットをまとめて1ライセンスで対応できます。
ESET ファミリー セキュリティ 2014 3年版

■ 最後に

SKNETのSIM対応の7インチAndroidタブレットです。
SIM対応機種としては破格の安さです。

4コアCPUとメモリ1GBを搭載しています。
そこそこの性能です。

microUSB, miniHDMI, Bluetoothに対応しています。

エスケイネット 7インチSIMフリータブレット SK-3GTAB7

おすすめです!


スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする